落語教室申し込み

<講座費用>

<新規お申込み> 

入学金10000円(高座用扇子、手拭付)
受講料30000円
-------------------------
合計 40000円(税別)


<継続お申し込み>

受講料30000円(税別)


<お問い合わせ> 

オフィスゾーイ 03-6677-0031 rakugo@office-zoe.jp
ご希望の講座を選んでください

※発表会ご出演を希望される方は、講座申し込みとは別にお申込み下さい

※お申込み後のキャンセルは、いかなる事情でもお受けできません
キャンセルの場合でも受講料のお支払いは
発生いたしますので、日程等をよくご確認下さい

※稽古は他クラスへの振替もできます

※継続の方もこちらのフォームからお申し込みください

継続の方の受講料は30000円(税別)
発表会の参加費は  2000円(税別)

になります
商品名
単価
注文数
小計
11/5開講 第8期落語入門クラス 募集中
20,000円
残り:4名
11/13開講 浅草(水)文雀クラス (継続の方もこちら)
40,000円
残り:1名
11/20開講 浅草(水)左平次クラス(継続の方もこちら)
40,000円
残り:3名
11/26開講 横浜(火)左平次クラス(継続の方もこちら)
40,000円
在庫なし
11/28開講 浅草(木)八ゑ馬クラス(継続の方もこちら)
40,000円
残り:6名
12/10開講 浅草(日)志ん吉クラス(継続の方もこちら) 
40,000円
残り:6名
1/12開講 浅草(日)春雨や風子クラス(継続の方もこちら)
40,000円
残り:10名
1/10開講 浅草(水)立川寸志クラス(継続の方もこちら)
40,000円
残り:9名
<発表会参加はこちらから> (継続の方もこちら)
4,000円
残り:34名
なまらく落語教室
40,000円
在庫なし
[消費税10%(外税)]
[合計]
は入力必須です。
申し込み後の
キャンセルの場合
全額お支払いいたします

入金後の費用はいかなる
理由があっても
返金、繰越請求は
いたしません
ガイダンス参加日

※ガイダンスまでに受講料のご入金をお願いたします

ご入金いただけない場合はガイダンスを受講できません

※ガイダンスは初回の稽古日前に必ず受講して下さい
ガイダンスから初回の稽古まで
ある程度の期間を開けるようお願いいたします

※ガイダンス日「その他」の方は
以下に確認のお電話をお願いいたします 
03−6677−0031

※入門クラスの方はガイダンスの受講はございません
「その他」をお選び下さい
「その他」をお選びの方は、平日の開催となります
後日、日程をご相談の上決めさせていただきます
参加費、別途1000円がかかります
日程はご相談ください 03-6677-0031 オフィスゾーイまで
お名前
PCからのメールが届かない方が増えております。 
PCからメールが届くアドレスをご記入いただくか
PCからメールが届くように設定をお願いいたします
フリガナ
メールアドレス

確認用
電話番号
 -  - 
住所
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
ご年齢は
落語の経験がありますか
お申し込みから7日以内に下記口座に
講習費をお振込みください

※新規にお申込みの方で、期限以内に
 お振り込み、ご連絡のない場合は、
 キャンセルとなりますのでご注意ください

※お申し込み後の キャンセルの場合 全額お支払いをお願いいたします
 入金後の費用はいかなる 理由があっても
 返金、繰越請求はお受付できません
 また、お申し込み後の他クラスの変更はできません

※少人数制のため、お申し込み後のキャンセルの場合でも
 受講料のお支払いお願いします

※ご連絡後、ご返事、ご入金の無い場合は
 キャンセルとなります

※お申し込みの際はスケジュール等をご確認いただき
 稽古に無理のないクラスをお選び下さい

※前回受講より一年以上経過した方は、新規扱いとなります

※不躾な態度の方の受講はお断りする場合もございます
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<お振込口座>

「みずほ銀行 千束町支店」

普通 1072224


「りそな銀行 上野支店」  

普通 1610839

口座名「株式会社オフィスゾーイ」
<入会申し込み書・契約書>

第一条 本書は当落語教室申し込みフォームに記入した会員
(以下甲とする)と、株式会社オフィスゾーイ(以下乙とする)との
間に交わされた契約書である。

第二条 甲は乙の会則を尊守しなけれはならない。

第三条 甲は乙へ入会するにあたり、入会手数料10000円 を支払う

第四条甲は乙へ申し込みより一週間以内に講習費を支払わなければならない、又督促について速やかに対応しなければならない

第五条 甲は以下の行為を行った場合に、乙の判断によって乙の機関から退会となる。
1甲が乙の会則を尊守しなかったとき。
2甲が乙の名誉を傷つけたとき。
3甲が乙の機関に相応しくないとき。
4甲が乙の不利益となる行為、行動をしたとき
5甲が乙へ規定期間内に受講料の支払いがない場合


第六条 甲は乙の所有する器物及び施設に対して、
故意に損傷を与えてはならない。
もし損傷を与えた場合は、
甲は乙の請求する損害賠 償を受け入れる。


第七条 乙に関する施設、あるいは行事、稽古および
発表会で起きた怪我や事故について、
甲は乙に対して一切の保証を請求しない。

第八条 甲の転移、転職、進学なとて入会申込時に申請した内容に変更があった場合、甲は乙に対してすみやかに届け出なくてはならない。
上記契約書の内容を確認、承認します
ご質問など
ご記入ください