入力内容保存/読込

非居住投資家様の申告及び納税者番号の申請に関しての申込書

※2ページお進みいただいた後に、お申込み用のページが表示されます。
ご夫婦共有名義で不動産をお持ちの場合は、別々にお申し込みが必要となります
【もっとも多い質問と答え】


Q.米国での確定申告ははじめてなのですが、何を用意すればいいですか?


A.当申込書のほかに、以下のものをご用意ください。

▶︎年間の収支表(年間の家賃収入や年間の各種費用が記載されているもの。不動産管理業者様から送られてくるもの、または、弊社からご案内をしたエクセルシートにおまとめ下さい)


▶︎上記の収支表に記載のない費用(物件を購入される際にかかった旅費や、ご自身で支払われた固定資産税など。こちらにつきましても、弊社からご案内をしたエクセルシートにおまとめいただくと便利です)

*領収書は不要です


▶︎物件を購入された際のエスクローステートメント(購入金額や諸費用が記載されている資料です。下記はあくまでもサンプルですので、もっとシンプルな形式の場合もあります)

【サンプル】https://www.hud.gov/sites/documents/1.PDF


▶購入された物件の土地と建物の割合がわかる資料(もしあれば)


▶︎借入利息の年間支払い合計額がわかる資料(米国で借入をされている場合はForm 1098をお送りください)

【サンプル】https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/f1098.pdf


▶︎Form 1042-S(通常、不動産管理業者様から送られてきます)

【サンプル】https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/f1042s.pdf


▶︎Form 592(カリフォルニアに物件をお持ちの方で、家賃収入から源泉徴収がされている場合。通常、不動産管理業者様から送られてきます)

【サンプル】https://www.ftb.ca.gov/forms/2018/18_592b.pdf


▶︎パスポートのコピー(納税者番号の取得が必要な場合)



Q.2018年中に物件を売却したのですが、何か特別に用意するものはありますか?

A.はい、毎年ご用意いただいている収支表などの他、以下の資料をご用意ください(サンプルとなります)。

▶売却時のエスクローペーパー
https://www.hud.gov/sites/documents/1.PDF

▶Form8288
https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/f8288a.pdf

▶Form288(ハワイの物件を売却された場合。郵送されてきます)
http://files.hawaii.gov/tax/forms/2017/n288a_f.pdf

▶Form593(カリフォルニアの物件を売却された場合。郵送されてきます)
https://www.ftb.ca.gov/forms/2018/18_593.pdf

.