入力内容保存/読込

「点字指導レディネス調査」用紙の評価について(依頼)

 平素より,私どもの教育・臨床・社会活動に対しましては,格別のご高配を賜り感謝申し上げます。
 さて,私どもは,中野泰志(慶應義塾大学)教授を研究代表として, JSPS基盤研究(A)「通常の学級で学ぶ視覚障害児のための合理的配慮に関する支援システムの構築」(課題番号16H02072)の援助を受けて研究を進めております。本研究は,通常の学校に通う視覚障害者の支援に必要なツール,ノウハウの開発と集積,発信を行うことで,地域の視覚特別支援学校(盲学校)や,療育機関,大学などが地域のリソースセンターとしての役割を担うことを促し,子ども達が生き生きと地域の学校で学び,生活できる社会の実現を願って行われております。その一つの取り組みとして,点字学習を始める視覚障害児(生徒)のより簡易なレディネス評価の作成を行なっております。つきましては,添付の資料をご参照いただき,webアンケートで評価とご意見をいただきますようお願いいたします。

評価方法
1 無記名での回答をお願いします。その際,確認番号には,あらかじめお伝えした4桁の筋を入力ください。
2 アンケートへの回答をもって,本研究へのアンケート回答による参加を承諾したものと判断させていただきます。

ご協力,ありがとうございました。
確認番号(4桁)必須
問1 本評価ツールは,点字学習のレディネスの評価法として,有効であると思いますか?必須
問1の回答について,その理由をお聞かせください。必須
問2 本評価ツールは,点字学習のレディネスの評価法として,盲学校のセンター的機能として手軽に実施するのに有効であると思いますか。必須
問2の回答について,その理由をお聞かせください。必須
問3 本評価ツールは,点字学習のレディネスの評価法として,機会があれば使ってみたいと思いますか。必須
問3の回答について,その理由をお聞かせください。必須
何か,この評価ツールについてご意見がございましたらお寄せください。
視覚障害教育経験年数をお聞かせください。必須

端数は,切り上げて,1年としてください。
視覚障害教育領域の教員免許をお持ちですか。必須