入力内容保存/読込

2019年1月29日、2月14日 東北地区特別講習会

講習会のお申込みは、こちらのフォームから承っております。下記のフォームに必要事項を入力の上、「送信」ボタンを押してください。
開催日時必須
メインテーマ必須
【課題細目】
【準備編】〜決算準備編〜演習で身につく決算時の確認作業
1 決算手続の流れと概要
2 決算の準備
 決算準備の手順
 実査・実地棚卸
 金融機関の残高確認書の入手
 仮勘定の整理   
 総勘定元帳と補助簿の照合
 総勘定元帳の異常値の確認と仮締め
 決算整理前残高試算表の作成
3 決算整理仕訳
4 決算整理後残高試算表の作成
5 精算表の作成
【仕上げ編】〜決算仕上げ編〜財務諸表作成実務から最新の公益法人会計の動向
1 公益・一般法人の決算書類及び定期提出に必要な書類の確認
2 公益・一般法人の会計処理のポイント  
 ①  公益法人の減損会計の会計処理、リース資産の会計処理  
 ② 有価証券の会計処理  
 ③ 減価償却の会計処理  
 ④ 過年度遡及会計  
 ⑤ 共通費用の配賦  
 ⑥ 正味財産増減計算書内訳表における「他会計振替額」  
 ⑦ 収益事業等会計から公益目的事業会計への利益の繰入額
3 平成20年公益法人会計基準の財務諸表等の作成実務と公開  
 ① 財務諸表の目的と役割  
 ② 貸借対照表作成の留意点  
 ③ 正味財産増減計算書作成の留意点  
 ④ 附属明細書作成の留意点  
 ⑤ 財務諸表を公開する対象者、方法  
4 公益・一般法人の定期提出のポイント  
 ① 公益目的支出計画の延長判断と手続き上の留意事項【一般法人】
 ② 会計・税務から見る公益目的支出計画完了後の内訳表【一般法人】
 ③ 収支相償に係る剰余金解消の具体的な活用事例【公益法人】
 ④ 公益目的取得財産残額に係る書類(別表H)の作成【公益法人】
 ⑤ 財務三基準未達の場合の対処法と変更認定申請の検討【公益法人】
5 内閣府平成29年研究報告へのパブコメで法令・FAQが改正になる事項について
6 「収益認識基準」が公益・一般法人に与える今後の影響
【会場】必須
【講師】必須
受講申込み必須
内容
1名につき
受講者数
小計
【準備編】会員
9,000円
【準備編】非会員
19,000円
【仕上げ編】会員
14,000円
【仕上げ編】非会員
29,000円
【両コース受講】会員
19,000円
【両コース受講】非会員
45,000円
[合計]
法人区分必須
法人名必須
住所必須
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
所属部課・役職名
受講者名必須
受講区分必須
所属部課・役職名(2人め)
受講者名(2人め)
受講区分(2人め)
メールアドレス必須

確認用
※半角英数字でご記入下さい。申込内容確認メールが返信されますので、メール文面を印刷の上、講座当日にご持参下さい。
※受講券は発行致しません。
電話番号必須
 -  - 
FAX番号
 -  - 
備考欄

※3名以上受講者がいる場合などはこちらにご記入下さい。

送信するには個人情報の取扱いについてへの同意が必要です。必須

 個人情報の取扱いについて