ありのままでつながるコミュニケーション講座
〜基礎編/3期〜
(オンライン講座)

この講座は僕の家族との関係性を救ってくれたNVC
(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)と
それを伝えてくれた人達に心から感謝を込め開催します。

この学びがより多くの人に届きますように。


ありのままでつながるコミニケーション講座、基礎編(3期)を開催します。

この講座は世界的な紛争解決にも使われるコミュニケーション手法である
NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)をベースに、

人の感情の扱い方や実践的なコミュニケーションを
継続的に学び”在り方”と””技術”を身体に落とし込みます。

想いがあっても、努力だけではどうすることもできなかった
”自分や人を大切にする””豊かな関係性を築く”を探究可能にします。


〈自分や人とのコミュニケーションを学ぶ理由〉

僕らは学校でたくさんの知識を教わります。

そのおかげでたくさんの知識を知ることができ、
文字の読み書きや計算などできることは増えていきます。

それでは次のことについて学んだ頃はあるでしょうか?

・自分の気持ち、感情をどう扱ったらいいのか?
・どうしたら豊かな人間関係を築けるか?修復できるか?
・どうしたら人の気持ちがわかるようになるのか?
・悩んでいる人をサポートするには?
・自分の望み、本心に気付き表現するには?
・相手を否定することなく不快な気持ちを伝えるには?
・失敗を力に変えていくには?(諦め、正当化せず)
・人(自分)を否定、責める癖を手放すには?
・同じ過ちのパターンをくり返さなくなるには?
・恥、罪悪感、罪の意識から抜けるには?
・離れられないと思う組織や関係の中で、自らの意識で選択するには?


僕は子どもの頃、教わることはありませんでした。


「人に優しくしなさい」「人を愛することが大切」
「人の気持ちを考えなさい」と教えてくれる人はいました。

しかし、余裕があればそれを実践できても、
余裕がないと人にも自分にも優しくなれません。

優しくできない自分が欠陥品のように感じましたが、
それは具対的にどうしたらいいか知らないだけでした。



〈この講座はNVCをベースに学ぶコースです〉

この講座はzoomを使うことで場所を選ばず
週に1回、3ヶ月間、2時間の講座とワークを繰り返すことで
日常生活に深く落とし込んでいきます。


(※中級編は今回の初級講座が終わったのち開催予定です)

繰り返し学ぶことでより身体に落とし込めるので、
初級講座への再受講もお勧めしています。

〈野澤卓央がNVCの学びを提供したいと思った理由〉

僕がNVCと出会ったとのは6年前。

この学びと出会いがなかったら今の家族の関係性、
子どもの可能性、パートナーシップはなかったと思います。

自分ごとですが昨年12月、息子(12歳)が
キックボクシングの大会で日本チャンピオンになりました。

恥ずかしがりで自分に自信がない、
数年前の息子からは信じれらない変化でした。

この結果は多くの方たちの支援のおかげですが、
両親の関係性が修復されるたび息子は自分らしくなりました。

両親の関係性が修復され息子がイキイキと
変化していく姿を思い出すと今でも涙が溢れます。

”子育てに後悔ない”と両親揃って思えるのはNVCと、
それを伝えてくれた人たちの出会いがあったからです。

また、NVCを実践するようになり実の父親が、
僕が主宰するコツ塾に参加してくれるようになりました。

コミニケーションが取れないと感じ関係性を築くことのが
一番難しいと思っていた父との関係性の修復できました。

友人、仕事での人間関係も大きく変わりました。

そして、人と力を合わせて楽しく仕事をする、
物事を創造していくことも可能になりました。

自分や人との関係性が大きく変わるきっかけとして、
本当に素晴らしいものだと感じています。

この知恵が最善のタイミングであなたに伝わり、
あなたとあなたの大切な人たちが、
職場が、より豊かになることを願っています。


子育て、パートナーシップ、人間関係、
友人や社内の人間関係、部下育成など、

人間関係に関わる悩みやより豊かな関係性を、
育みたい方に心からお勧めします。


野澤 卓央

〈正木 智砂がNVCの学びを提供したいと思った理由〉

日曜日の夕方、サザエさんの放送を見ると、ふと、明日からまたはじまる学校や仕事を思い、憂鬱になる。
こんな症状を「サザエさん症候群」と呼ぶそうです。

この経験をした人は、案外多いのではないでしょうか?

かつての私はそうでした。
仕事にやりがいを感じていて、もっとよりよくしたいと自ら努力を重ねるにも関わらず、
なぜか月曜日には、急に体がだるく、電車に乗りたくない気持ちに襲われ、なんとか感じないようにして会社へ向かう。

そんな頃、会社の研修として導入できるツールはないかと、あれこれ探し、たまたま出会ったのがNVCです。

この偶然が私の人生に必要なことを教えてくれました。

”痛みや欠乏から行動するのではなく、自分の本質とつながり、
そこから湧き上がるエネルギーで行動する” 

つまりは、”疲れない働き方”です。

そして、その方法は、残念なくらいシンプルでした。

今の社会には、お互いに依存しあいながらも孤独をつくり、
まだ足りないとそれを埋めようとするようなシステムがあるのは、紛れも無い事実。

それはそう願っていなかったとしても、私たち自身がつくりだしてしまったもので、
気がつけば、その中でもがいています。

でも同時に、シンプルな方法でもって、本当の自分のエネルギーで
生きることを実践している人でも溢れています。

その世界をぜひあなたにも知って欲しい。
だから私はNVCを伝えることをやめられない、お誘いしたいのだと思います。

今あるところで生き生きと働くために。一緒に学びませんか?

正木 智砂



〈プロフィール〉
正木 智砂(まさき ちさ)
つながりのコミュニケーション研究家
持続可能な社会づくりを事業とする上場会社で組織開発を経験。「誰もが生き生きと働くこと」に興味をもち探求の道へ。人と人との関係性にヒントを得て、NVCに出会う。2018年から”NVCの学び合いの場”、つながる対話”共感カフェ”などを主催。小学校や地域コミュニティ、企業まで様々な立場の人へ「つながりのための学び」を届けている。現在は、健康経営の可能性から企業へとその輪を広げる挑戦をしている。

〈NVCとは〉
NVC (Non-violent Communicationの略) は、カール・ロジャース博士の弟子、マーシャル・B・ローゼンバーグ博士によって体系づけられた、分かち合いのためのコミュニケーションスキルです。NVCに関する情報を詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。
▷ CNVC情報 https://www.cnvc.org

●〈基礎コース〉(2時間×10回)毎週1回 約三ヶ月

内容

1:NVCの世界観
  人の内側を理解する(感情とニーズ)
  人とつながる共感的な聴き方

2:ありのままに見ること
  事実の観察と評価解釈の違いを理解する
  脳内ストーリー(妄想)や決めつけに気づく

3:感情を味わう
  自らの望みに触れ自主性を育む
  ねばならないからでない選択、行動

4:感情は自分のためにある
  失敗を力に変えていく
  失敗を自分や人のせいにしない(責める、我慢以外の選択肢)

5:本質とつながる 
  自分の反応に気づく
  同じ過ちを繰り返す自身のパターンに気づく
  恐れ、罪悪感、恥から動く、望みから動くの違い


6:ただそこにいるというあり方の力
  話し方、聴き方、自分のパターンを知る
  手段と目的を見極め望みから動く

  悲しみ、怒り、悔しさを嘆き切る

7:共感する体験(聴く・伝える)
  強要ではなくお願いする  
  相手とのつながりの質を高める
 


8:豊かさとつながるためのリクエスト
  自分の本心につながり表現する
  人と人が理解し協力し合う道があることに気づく


9:ありのままでつながるリクエスト
  正直さ、本当の勇気につながる
  不快な出来事への肯定的なフィードバック
  叱る、褒めることが生み出す現実


10:痛み喜びきる人生
   喜びを分かち合い、悲しみに寄り添う
   感謝を表現する


               記

◆開催日 毎週水曜 (6月23日〜8月25日)
 6月23日(水)
 6月30日(水)
 7月 7日(水)
 7月14日(水)
 7月21日(水)
 7月28日(水)
 8月 4日(水)
 8月11日(水)
 8月18日(水)
 8月25日(水)



◆時 間
 20:00〜22:00(2時間)

◆会 場 オンライン(zoomというシステムを利用します)

◆参加費
基礎 全10回 60000円
※再受講 20000円

※基本的に全ての回に出席可能な方
(参加できない時は動画をご視聴ください)

★参加希望の方は、下記フォームへご記入下さい。

は入力必須です。
お名前
姓 
名 
フリガナ
姓 
名 
メールアドレス

確認用
電話・携帯電話番号
 -  - 
お住まいの都道府県
ご職業
参加コース
参加費
お誕生日
 月  日 
月日だけで結構です。
ご年代
どちらでこの講座をお知りになりましたか?
講師に聞きたい話、質問やメッセージなどあればどうぞ。
ご確認ください。

24時間以内に詳細案内を sakuranbokikaku@aol.jp より
送信します。受信できるようにしておいて下さい。
届かない場合はお手数ですが、このアドレスまでご連絡下さい。
主催 株式会社ラボ オフィスノザワ